「集中」というアプリが本当に集中できるアプリだった

ライフハック
edf

皆さんこんにちは。現在フリーランスでデザイナーとして働いていて「メイカー」を目指し活動中のコーダイです。

メイカーとは、商品を企画・量産・販売するビジネスをひとりで行う人のことです。
詳しくはこちらからどうぞ。

このブログでは、僕自身のものづくりに関する記事や、ものづくりのノウハウ、フリーランスなど個人単位で働く人に役立つ知識などをお届けしていきます。

さて、今回は久々にライフハックネタを書いていこうと思います。

シンプルで使いやすい「集中」

今日は、最近めちゃくちゃお世話になっている「集中」というアプリをご紹介します。
無料です。

‎集中
‎集中力を高めるアプリです。 集中力が高まれば、 仕事や勉強の成果が上がって、大事な目標が達成できて、「人生って素晴らしいなあ」となるかもしれませんし、 自由な時間が増え、好きなことをゆっくり楽しめて、「人生って素晴らしいなあ」となるかもしれませんし、 仕事や勉強そのものが面白くなり、毎日毎日、「人生って素晴らしいな...
集中 - Apps on Google Play
集中力が高まれば、 仕事や勉強の成果が上がって、大事な目標が達成できて、「人生って素晴らしいなあ」となるかもしれませんし、 自由な時間が増え、好きなことをゆっくり楽しめて、「人生って素晴らしいなあ」となるかもしれませんし、 仕事や勉強そのものが面白くなり、毎日毎日、「人生って素晴らしいなあ」となるかもしれません。...

使い方は説明が不要なくらいシンプル。

  1. 作業する時間と内容を選ぶ
  2. 休憩時間を選ぶ

基本的にはこの繰り返しだけで、集中力を高めることができます。

このアプリをインストールしてからは、仕事をするときはかならずこのアプリを使っていて、もうすぐ集中した時間が100時間を迎えようとしています。

ポモドーロ・テクニック

ところでみなさんは、ポモドーロ・テクニックという言葉をご存知でしょうか?

ざっくりいうと、人間は「25分行動して、5分休憩する」というサイクルが最も集中できるので、その通りにタイマーをセットして仕事や勉強をするというテクニックです。

ルーツとか、詳しい解説は以下のNewsweekさんの記事がわかりやすかったので、興味がある方はどうぞ。

ポモドーロ・テクニック:世界が実践する時間管理術はこうして生まれた
<ソフトウェア開発者からCEOまで、世界中から支持を集める「25分+5分」の時間...

僕はこのテクニックを数年前に知っていて、実際にアプリを使ってポモドーロ・テクニックを実践していた時期がありますが、いつのまにかやらなくなっていました。

それはなぜかというと、時間が固定されすぎるので「そのときの気分」や「急ぎの仕事」といった、現実の作業中に必ず出てくる不確定要素に対応しづらいからです。

あきらかに疲れて集中力が落ちていても、タイマーは容赦なく25分→5分のサイクルで時間の経過を告げてきます。意志の力が負けてタイマーを無視してしまうと、その罪悪感でモチベーションは低下し、やがて作業開始時にタイマーをセットするのが苦痛になってしまいました。

これが、僕がポモドーロテクニックを習慣化できなかった原因です。

この「集中」アプリは、そんな人間の曖昧な部分にも柔軟に対応し、ポモドーロ・テクニックの実践と継続をしやすくしてくれるアプリです。

「集中」アプリのここが良い

アプリに従うだけで集中しやすい

集中する

まずはメインの使い方である「集中する」という機能について。

基本的にはタイマー機能で、デフォルトでは

  • 「10分(まずは取り掛かる)」
  • 「25分(スパッと短く集中)」
  • 「60分(しっかり集中)」

の3つが設定されており、自分の好みの時間を設定することもできます。

時間をタップすると、今度は「何の作業に集中するのか」を選び、タイマーが始まります。
もちろん、作業内容の項目も自分で設定することもできますし、内容を選ぶ画面をスキップするように設定すれば、作業時間を選ぶ1タップだけでタイマーがスタートします。

これ、使ってみるとわかるのですが「1 or 2タップでカウントダウンがはじまる」というところがミソで、通常の「タイマーの時間をセットして、スタートボタンを押す」よりも引っかかりなく作業に取りかかれます。わずかな差ですが、このテンポの良さがアプリの使い心地と、作業を開始する気持ちのハードルを下げてくれます。

「選択の自由」と「手順の少なさ」を両立させており、そのバランスが非常に絶妙なのです。

作業をしている間は、

  • 何の作業に集中しているのか
  • 残り時間
  • タイマーの操作ボタン

が表示されます。

休憩

集中する時間が終わると「一休みしませんか?」というメッセージとともに、休憩時間を選ぶボタンが現れます。

これも3分、5分、10分という3つのボタンがあり、直前の作業時間の長さやその時の気分によって合ったものを選ぶことができます。

集中と休憩のサイクルの繰り返し

休憩時間が終わると、音とメッセージで休憩の終了が告げられ、通知をタップするとタイマーをセットする画面に戻ります。

そしてふたたび作業のタイマーをセットし、終了したら休憩するサイクルを繰り返します。

以上のサイクルはすべてアプリのナビに従っているだけで回すことができ、無駄な脳のメモリを消費することなく作業に没頭することができます。

計測や振り返り機能でモチベUP

タイマー機能で計測した時間は、アプリによって自動的に計測され、データとして残ります。

計測したデータは、グランドメニューの「振り返る」という機能を使ってチェックすることができます。ゲームでいうところのプレイ時間のようなものですね。

累計の作業時間を確認したり、作業の項目別で振り返ることもできます。

「1日の間、どのくらいの時間集中していたか」「何に何時間集中していたか」という自分の努力を確認することができるので、モチベーションアップにつながります。

単純なタイマーでは難しいことなので、こういった機能もアプリならでは。

無料なのに広告がない

このアプリ、非常によくできているにもかかわらず無料で利用することができ、しかも広告が一切ありません。

これはアプリ開発側のポリシーであり、収益は「寄付」という形をとっています。僕はこのアプリに超感動したので、寄付させていただきました。(みなさんも気に入ったらぜひ)

iPhoneアプリでは「メニュー」内の「寄付について」から寄付ができます。Android版にはアプリ内のリンクが見当たらなかったので、URLを載せておきます。

寄付の考え方とやり方|継続する技術
寄付について綺麗事を書いています

シンプルだけどユニークな世界観

この「集中」アプリは、インターフェイスはシンプルです。色もホワイト、グレー、ブルーのみという潔い配色。個人的にはかなり好みなのですが、別の部分がかなり個性的です。

タイマーの時間が終わると音でお知らせしてくれるんですが、ホトトギスがホーホケキョと鳴いてくれます。

iPhoneのアラームは電子音が多いので、日本人に馴染みのあるホトトギスが鳴いてくれると安心。だいたい昔からアラームに設定した音は嫌いになっちゃうんですが、ホトトギスだとちょっとほっこりします。

アプリを使いだして1ヶ月程度が経ちますが、通知音はまだ嫌いになってません。

クスッとする言葉たちとピクトグラム

これはタイマーが終わって休憩時間を選択するときに出てくるものなんですが、先ほど紹介したウグイスの鳴き声とともに、労いのコメントとピクトグラムがランダムで表示されます。
これには色々なパターンがあって、毎回ちょっとクスッとさせてくれます。

タイマー終了時に出てくる通知のポップアップも、普通のアプリでは考えられないような面白いメッセージと出方をするのですが、僕はこれもけっこう気に入っています。(これは実際に使って確かめてみてください)

また、このアプリは画像が全くと言っていいほど使われておらず、代わりにいたるところにピクトグラムが使用されています。

そのチョイスも面白いものが多くて、このアプリのシュールな世界観の大部分はピクトグラムと言葉のセンスの化学反応によって醸し出されていると思います。

すでにユーザーの声を聞いて改良を重ねてきたであろう完成度の高さ

ユーザーを飽きさせない工夫

世界観の項目でも触れましたが、タイマーが終了したときの画面や休憩をセットする画面で出てくるメッセージは、たくさんのパターンがランダム表示される仕様になっています。

また、ある程度使い続けていると、累計集中時間に応じてお祝いのメッセージを送ってくれます。

ちょっとしたことですが、こういう工夫はユーザーとしては嬉しいものです。

深夜の時間帯は当日としてカウント

夜に作業をしていると、日付をまたいでしまうことがあります。そんなとき、作業時間が翌日にカウントされてしまうと、ちょっと違うなってなりますよね。

このアプリでは、日付が変わっても深夜2時ごろまでは当日扱いとしてカウントされます。

細かいところですが、感覚的に正しく時間を計測してくれるのは嬉しいポイントです。

テクニックやアドバイスがたくさんある

アプリのメニューには、「集中する」「振り返る」の他に、「腰を上げる」「コツを知る」というメニューがあります。

画像はAndroid版。

ここには、集中力を高めるコツや気分転換の方法などのトピックがまとめられています。このコーナーも非常に面白くためになり、無料とは思えないコンテンツのボリュームになっています。

こうしたらもっと良いかも

タイマーの終了音が色々あると嬉しい

ここまでアプリを褒めちぎってきたので、レビューとして参考になるようなマイナス点や改善点を探していたのですが、これといって思いつきませんでした。有料級の良アプリだと思います。

強いて挙げるとするならば、タイマー終了の音が2種類から選ぶ仕様になっているので、色々な音が選べるようになったり、いろんな音の種類からランダムで再生される設定が選べると、さらに飽きにくくなって嬉しいです。

ぜひこのアプリの世界観で、サウンドもチョイスしてほしいですね。

おわりに

以上、今回は「集中」アプリの紹介とレビューでした。
無料ながら決定版ともいえるアプリだと思いますので、ぜひ皆さん使ってみてください。

‎集中
‎集中力を高めるアプリです。 集中力が高まれば、 仕事や勉強の成果が上がって、大事な目標が達成できて、「人生って素晴らしいなあ」となるかもしれませんし、 自由な時間が増え、好きなことをゆっくり楽しめて、「人生って素晴らしいなあ」となるかもしれませんし、 仕事や勉強そのものが面白くなり、毎日毎日、「人生って素晴らしいな...
集中 - Apps on Google Play
集中力が高まれば、 仕事や勉強の成果が上がって、大事な目標が達成できて、「人生って素晴らしいなあ」となるかもしれませんし、 自由な時間が増え、好きなことをゆっくり楽しめて、「人生って素晴らしいなあ」となるかもしれませんし、 仕事や勉強そのものが面白くなり、毎日毎日、「人生って素晴らしいなあ」となるかもしれません。...

また、アプリ作者の戸田大介さんは、ものごとの継続をサポートする「継続する技術」というアプリも開発されています。

‎継続する技術
‎三日坊主を克服するアプリです。 人間の意志は悲しいほどに弱いので、意志の力に頼っていても何かを継続することはできません。 しかし、ご安心を。 「何をやっても続かない」というのは、生まれ持った才能や意志の強さの問題ではなく、知識と経験で得られる技術です。 意志の力に頼らずにものごとを習慣化したり、継続できるように...
継続する技術 - Apps on Google Play
三日坊主を脱却するアプリです。 人間の意志は悲しいほどに弱いので、意志の力に頼っていても何かを継続することはできません。 しかし、ご安心を。 「何をやっても続かない」というのは、生まれ持った才能や意志の強さの問題ではなく、知識と経験で得られる技術です。 意志の力に頼らずにものごとを習慣化したり、継続できるようにし...

Twitterでは、アプリ開発の舞台裏も覗くことができます。

現在はToDoアプリの開発をされているみたいで、非常に楽しみです。

それではまた次回の記事でお会いしましょう!
コーダイでした。

コメント


Parse error: syntax error, unexpected '<', expecting end of file in /home/roadtomaker3/road-to-maker.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp-user/footer-insert.php on line 4