三食自炊マンによる自炊が継続できる話

ライフハック

皆さんこんにちは。現在フリーで働いていて、”個人メイカー”を目指している、三食自炊マンことコーダイです。
どんなことしてるの?個人メイカーって何やねん?って方はこちらをどうぞ。

現在、僕は外に出かけた時以外は基本的に食事を自炊していて、食生活はかなり満足度の高いものになっています。自分だけで食べるのも、人に食べてもらうのも大好きです。

いつも作る料理はこんな感じ。肉、魚、野菜、ごはん、麺。好きなものを作って毎日の食事を楽しんでいます。

個人的にフリーランスと自炊の相性はかなり良いと思っていて、このブログでも役立ちそうな記事をポストしていきたいと思っています。今回は、僕の自炊についての考え方、重宝しているちょっとした知識、便利に使っている調理道具などを紹介したいと思います。

いま、あなたがこの記事を読み進めてくれているということは、フリーランスではないとしても、ある程度料理が好きだったり、自炊をしたいというモチベーションがある人なのだと思います。自炊をすることによるメリットや楽しさはご自身でお分かりのことと思いますので、さっそく本題に入っていきましょう。

大前提:人によって最適解は違います

まず大前提として、この記事に書いてあることは、自分が興味あるものだけ取り入れてください。大半の人は言われなくてもそうするのはわかっています。それでも敢えて書くのは、このような記事を読んでくれる人の中には、過去の僕のように「料理をするぞ!」というモチベーションが高く、役に立つことはすべてやろうとしてしまう人がいるかもしれないからです。

全てやろうとすると何が起こるのか?
一番避けたい「面倒になって料理をしなくなる」すなわち「挫折」という結果が待っています。自分で決めたことをやらなくなってしまうと罪悪感が生まれ、そのイヤな感情を避けるために、さらに料理から遠のくという負のループに入ってしまいます。

僕は、この記事を読んだ人が楽しく料理を続けられるようになってくれることを願って、僕が役立つと思うことをたくさんお伝えしますが、その情報が役立つかどうかは人によります。人によって最適なハウツーは異なるのです。今記事を読んでくれているあなたはどうかいきなり全てを取り入れようとしないでください。

継続第一

「食事はほぼ三食自炊をしている」という話を人にすると、「すごいね」とか「よく続くね」ということを言われるのですが、僕にとって料理は既に歯磨きやお風呂に入ることのように習慣になっているので、「よし、料理するぞ!」という意志の力はほとんど必要としていません。

とはいえ、手のこんだ料理を毎日つくったり、毎回自分が作ったことのない料理を作り続けるようなことはできません。それを自分に強いるようだと、意志の力を使い果たして、継続できていないと思います。(ただし、楽しくなってきて気づいたら沢山やっていた、というのはOK。)
料理に限ったことではないですが、「継続すること」が大きな報酬(毎日の安くて美味しい食事や、健康な身体)になるようなものは、継続第一でいきましょう。やり始めた頃に気合を入れてめちゃくちゃ手の混んだ料理を作るのではなく、「これは流石にズボラな自分でも毎日できるよ」と自分が感じるぐらいのことを自分に課したほうが長続きします。「1日に1回はキッチンの前に立つ」とかでも良いと思います。作る頻度も、毎日作れるのであればそれでベストですが、週3とか週1でもいいです。(ただし、頻度を減らす場合は習慣になるまでの時間が長くなります。)

料理を継続していれば、たとえ簡単な料理でも上達して少しずつ美味しくなっていくし、レシピなしでパパっと作れるレパートリーが増えてくれば、いちいちレシピのサイトを見なくても美味しい料理を作ることができるので、継続すればするほどラクで楽しくなってきます。

疲れて帰ってきたような日も、疲れたとき用の楽ちんメニューで対処することで自炊を継続しています。たとえ卵黄とネギをのせた納豆ご飯と、レンチンの味噌汁だけだったとしても、立派な自炊です!そしてウマい。

「おいしい」「たのしい」以外の要素はなるべく排除

基本的に、ラクできることはなるべくラクをするようにします。
その工程が自分にとって楽いものだったり、手間はかかっても美味しくなること以外は、省略したり機械にやらせたほうがいいです。自炊を継続できる確率が間違いなく上がります。

合理的な調理器具は積極的に使う

東急ハンズなどでアイデア調理器具を見るのは楽しいものです。失敗して変なものを買うこともありますが、気になったものはよく買っています。僕は野菜の皮むきはほとんどピーラーで行いますし、キャベツの千切りや野菜の水切りも専用の道具を持っています。

最近だとスロークッカーやミルクフローサーを新しく買いました。どちら美味しいものをつくる手助けをしてくれるので、とても気に入っています。

包丁一本あれば何でもできる、というのはかっこいいですが、個人的にラクだと思ったものはどんどん取り入れちゃってます。(もちろん、キャベツの千切りめっちゃ楽しい!ストレス解消になる!というのであればモコズキッチンのオープニングのようにめちゃくちゃトントンしてください)

副菜は盛るだけ&ルーティン化

僕は、副菜としてサラダとスープを献立に加えることが多いですが、ほとんど手間をかけていません。気分でちょっとアレンジはするものの、まとめて下ごしらえしてある材料を盛るだけ、チンするだけの簡単なものばかりです。

楽ちんな副菜メニューに関してはまた記事にしたいと思います。

米は無洗米しか買わない

僕は美味しいものが好きですが、そこまでグルメじゃありません。コーヒー豆は格安のものを挽いて飲んでいるし、お肉の産地にもこだわらないです。スーパーに売っている生鮮食品は、きちんと調理すれば安くても美味しいです。

そんな感じで、お米の種類にもこだわりはありません。唯一こだわっているのが「無洗米」であるということ。お米を研ぐという行為は面倒であんまり好きじゃありません。特に冬は冷たい水に手を晒さないといけないのでしんどさが増します。カップラーメン感覚でお米とお水を入れてボタンを押すだけ、という快適さを味わってからは、無洗米以外は買わなくなりました。

ただし、排除するのは、自分が思う「美味しい」につながらない行為なので、自分がグルメだと自覚があって、「無洗米じゃないほうが絶対おいしいよ!」という方であれば、好きな銘柄のお米を買って、毎回研いだほうがいいでしょう。

繰り返しになりますが、「自分にとっていらない行為」のみ、排除していきましょう。

ネットスーパーを使う

僕はスーパーでの買い物は嫌いというほどではないのですが、ある程度まとめ買いするので、移動を入れて少なくとも30分は使いますし、そうなると荷物もけっこうな量になるので持って帰るのもなかなか大変です。

ネットスーパーなら、ポチポチするだけで店頭に並んでいるものと同じ価格の商品を玄関前まで持ってきてもらえますし、送料も一定金額以上を買えば無料になるか、かかっても数百円というところが多いです。
時間的にも、いつも買うものはお気に入りに入れておいて、その他は検索でパパっと見つければかなり節約になります。
会社員の人は、平日の通勤中にスマホで買い物をして、土日の午前中などに届くようにしておけば、貴重な休日の時間を混んでいるスーパーのレジ待ちに費やさなくても済みます。

以上のように時間的なメリットが大きいので、僕はネットスーパーをおすすめします。

設備投資が自炊をさらに快適にしてくれる

ここからは、わりと大きめの投資をしないといけないため、自炊が楽しくなってきた人や、すでに自炊メインの人向けです。

逆に言うと、これから自炊を始めたいと思っている人や、もっと自炊をしたいけどなかなか続かないという人は、ここに書いてあるものに投資するのはもう少しあとでもいいかもしれません。ちょっと自炊が楽しくなってきて、環境をもっと整えたいという欲求が自然に出てきた時がベストなタイミングです。
ただし、どれも料理が楽になることは間違いないので、この記事を読んだのを機に思い切って投資をしてしまうのも一つの手ですし、それでうまくいく可能性も充分あると思います。

食洗機

僕は、基本的に皿洗いをしていません。洗えるものはすべて食洗機に洗ってもらっています。最初は導入を迷いましたが、ここ数年で買ったものの中で、一番「買ってよかった」と思っています。

日常から「皿洗い」が消えるはものすごく楽です。また、「使っても洗わなくていい」という気楽さが、食器や調理器具を使う心理的なバリアを取り去ってくれます。サラダに盛るためのトマトひと切れを切るためだけに、まな板と包丁を気軽に使えます。

食洗機というとなんとなく「高価で、お金に余裕がある人が所持するもの」というイメージがありませんか?(僕はそうでした)
実際は、一人暮らし用の食洗機であれば3万円前後で購入でき、あとは水道に接続する分岐水栓(新品で1万円くらいが多いです)を購入すれば導入することができます。

合計約4万円。これを高いと考えるか安いと考えるかは人それぞれですが、僕は「皿洗いをしなくていい」ということの価値を考えると4万円はかなり安いと思っています。

大きい冷蔵庫

僕は今一人暮らしをしていますが、冷蔵庫は一人暮らし用のものではなく、350Lの3ドアタイプを使っています。
これがかなり快適で、予算と設置スペースに余裕があれば投資をおすすめします。自炊の快適度がワンランクアップしますよ。

一人暮らし用の2ドア冷蔵庫だと、ものを詰め込みがち

正直、一人暮らし用の2ドア冷蔵庫でもやりくりはできます。食材を保存するということだけ考えれば役目は果たしてくれるので、わざわざ大きい冷蔵庫を買うのはあまりメリットが無いと思うかもしれません。

しかし、僕のように自炊多めの人が2ドアタイプの冷蔵庫を使うと、どうしてもモノを詰め込みがちになります(冷凍庫は特に)。ものを詰め込みすぎてしまうと、冷風が充分に行き渡らず中の物が冷えにくくなります。

また、冷凍庫に食材を重ねて入れざるを得ないため、奥の方に何が入っているのか把握しづらく取り出すだけでも一苦労で、忘れ去られた食材が冷凍室の奥底でミイラになっていた・・・なんてことになりがちです。

スペースに余裕があると料理の効率が上がる

冷蔵庫内のスペースに余裕があると、何がどこに入っているかわかりやすく、奥の方にあるものをかき分けて探すような場面が少なくなるため、スピーディに食材や調味料を出し入れすることができます。

中に何が入っているのか把握しやすい、というのは在庫管理の観点から見ても良いことです。奥に入っている食材に気づかずに同じものを買ってしまうのを防いだり、少なくなってきた食材に早めに気づきやすくなります。

カレーをたくさんつくっても、連日カレーを避けることができる

日々自炊をしていると煮込み料理などを作ることも出てくると思いますが、カレーや豚汁などの料理はたいてい多めにつくるので、当然何回かに分けて食べることになります。

そういった時に冷蔵庫の中に余裕がないと、外や鍋のままで保管することになりますが、当然痛みは早く、夏場は特に注意が必要です。

冷蔵庫の容量に余裕があると、まとめてつくった料理も冷凍して後日食べることができます。僕はたまにカレーを作るのですが、たくさん作ったからといってその日から毎日カレーを食べる必要はなく、冷凍しておいて好きな時に少しずつ食べることができます。

電気代はそこまで大きく変わらない

大きな冷蔵庫はたくさんの電力が必要なイメージがありますが、年間の電気代で考えるとそこまで大きな差はありません。それどころか、実は冷蔵庫の容量が大きくなるほど消費電力量は少ない傾向にあります。これは大きな冷蔵庫ほどモデルのグレードが高いので、省エネ性能の高いインバータや断熱材といったパーツが採用されるためだそうです。

以下は、資源エネルギー庁が発行している省エネ性能カタログというパンフレットの内容を引用したグラフで、冷蔵庫の容量ごとの消費電力量をグラフにしたものです。

年間消費電力量は、以下の条件に基づき算出されています。

年間消費電力量は、日本工業規格 JIS C9801:2015「家庭用電気冷蔵庫及び電気冷凍庫の特 性及び試験方法」に基づき測定された年間消費電力量(kWh/ 年)を整数で表示しています。(定 格周波数が 50 ヘルツ・60 ヘルツ共用のものは、それぞれの周波数で測定した数値のうち大きいものとします。また、切替室があるものは、それぞれの状態で測定した数値のうち大きいものとします。)

資源エネルギー庁 省エネ性能カタログ 2017年冬版 45Pより

参考までに、年間消費電力量を実際の電気代の従量料金にあてはめてざっくりと計算すると、以下のようになりました。

冷蔵庫の容量年間の電気料金(1kWhあたり17円として計算)
201L〜250L6,205 円
301L〜350L6,732 円
401L〜450L6,001 円
501L以上5,763 円
電気代の1kWhの単位は、東京電力ホームページ料金単価表の電力量料金の夏季料金(高い方)を基準として17円としています。(銭単位は切り捨て)

なぜか僕の使っている350Lの冷蔵庫のクラスが一番電気代が高いのが気になりますが、一番需要が少ないサイズ(勝手な予想)だから、パーツも安いってことなんですかね・・・?まぁ何にせよ、容量による電気代の差は月額で100円未満程度なので、容量が大きくて電気代がかかるという心配は無用だということが分かりますね。

「やりたいけどできない」のであれば習慣化のテクニックを使おう

以上、「自炊の継続」というテーマでお伝えしてきました。

僕が普段自炊をしていて、継続に一役買ってくれている情報を書いてきましたが、その根っこにあるのは「ものごとを継続するには、習慣化する」という考え方です。

人間の脳は変化を嫌います。逆に言えば、一度定着してしまえば脳が勝手に続けてくれます。

では、どうすれば自分の望む習慣を脳に覚えさせ、継続することができるのか?別の記事でそのことについて書いてしますので、料理に限らず「自分の望む習慣を身に付けたい」と考えている方は、以下の記事も併せて読んでみてください。

それでは、また次回の投稿でお会いしましょう。

コメント


Parse error: syntax error, unexpected '<', expecting end of file in /home/roadtomaker3/road-to-maker.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child-master/tmp-user/footer-insert.php on line 4